CADMATICがGlostenの3D思考をサポート

CADMATICがGlostenの3D思考をサポート

アメリカの造船・海洋エンジニアリング会社は、改造プロジェクトの効率化のためにレーザースキャンモデラーを使用し、CADMATIC Electricalも採用しました。

お客様の課題

  • 改造工事の増加に伴い、レーザースキャナーで作成した点群とシームレスに連携できるソフトウェアが必要
  • 電気設計では、情報を管理し、変更があった場合に部品やケーブルが設計成果物全体に反映されるようにするための統合ソフトウェアパッケージが必要

CADMATICソリューション

  • Laser Scan Modellerは、点群データを3Dモデルにインポートし、改造設計のガイドとして使用します。
  • CADMATIC Electricalが、厳密な評価プロセスと競合製品との比較を経て、2022年に導入されました。

「CADMATICのスキャン処理には非常に感心しており、非常に便利なツールだと考えています。Importing scans into CADMATIC is fast, efficient and we do not lose quality." CADMATICへのスキャンデータの取り込みは、迅速かつ効率的で、品質も損なわれません。」– Ashley D. Vetter, Diagram Lead and Administrator  - Ashley D. Vetter、ダイアグラムリーダー兼アドミニストレーター

Learn how to efficiently combine point clouds with 3D models – Contact us.

ワシントン州シアトルとロードアイランド州プロビデンスにあるGlosten社では、数年前からCADMATIC Marineのソフトウェアを使用しています。2014年に詳細なデモンストレーションを受けて、Glosten社は、CADMATICの新規プロジェクトのための迅速なモデル構築と加工の能力に感銘を受け、また早期に干渉を検出できることから、CADMATICソフトウェアの使用を開始することを決定しました。

以来、Glosten はさまざまな設計プロジェクトでCADMATICソフトウェアを活用し、成功を収めてきました。2014年、GlostenはCADMATICの能力のほんの少しを使った過ぎませんでした。しかしGlosten社のチームは、CADMATICが市販されている他のソフトウェアと比較して、いくつかの利点を備えていることを明確に理解しました。競合他社に差をつけることができると認識したのです。

2つの重要な利点

Glosten社のプロダクションエンジニアとして7年間勤務しているAshley D. Vetter氏は、CADMATICには多くのメリットがあると考えますが、その中でも特に重要な2つの利点を挙げます:

  1. DiagramとPlant Modellerの統合。Ashley:「私たちにとって重要な品質保証ツールです。ダイアグラムに基づいて、すべてがモデル内にあり、正しい順序で並んでいることを確認することができます。」
  2. Laser Scan Modellerモジュールの威力。Ashley:「バラスト水処理が必要なバラ積み貨物船から、改造が予定されている 124 メートルのフェリーまで、あらゆる船舶をスキャンしています。他のソフトウェアパッケージの経験もあるGlosten社の誰もがこのソフトウェアに非常に感銘を受けています。」

3Dで考える

フル装備の85m旅客フェリープロジェクトで、CADMATICは非常に大きなモデルを素早く処理し扱えることをGlostenに証明しました。

Ashleyは、CADMATICは他のソフトウェアとは対照的に、3Dと配管システムを中心に設計されていると考えているようです。

例えば、マウスのスクロールボタンで景色を3D回転させることができるのですが、これは他のソフトウェアでは使われていない機能で、Glostenでは本当にプラスになっています。

アラスカクラス フェリー デイボート

CADMATICを定期的に活用することで、Glostenのスタッフは「3Dで考える」ことに慣れることができました。

「空間に機器を配置し、周囲の環境に適合させるという依頼を受けることがよくあります。この3D思考は、設計上の潜在的な矛盾を事前に発見するのに役立っています。この発想の転換は、CADMATICを使うことで加速されました。

生産性・信頼性

CADMATICでは、多くの工程が自動化され、多くの機能が生産性と結果の信頼性の両方を向上させています。Glostenは、112メートルの工場用水産加工機械の冷凍機改造プロジェクトを担当しました。直径75mm以上のパイプ配管のみが必要でした。受け取ったダイアグラムでは、他のすべての配管をフィルターにかける必要があったのです。しかし、Plant Modellerとを連携した、よりシンプルなダイアグラムで新しい手順を作成するという違う方法をGlostenは選びました。その後、Plant Modellerでモデリングとレビューの処理を行いました。

Glostenチームのお気に入りの機能は、モデルの変更に基づく、図面、スプール、注釈の更新機能です。これで図面の手直しをしなくて済むようになりました。

改造プロジェクト

米国学術研究船団のグローバルクラス研究船3隻の中期の改造にCADMATICが採用されました。米海軍のAGOR-23クラスは、すべて耐用年数の半ばを過ぎています。

このうち3隻については、エンジニアリングと設計を完了しました。このプロジェクトには、リパワーリング、交換、船上設備の改修、技術的に陳腐化した船上機械の交換など、多くのものが含まれます。

プロジェクトは、まずGlostenが赤外線レーザースキャナーで船舶を3Dスキャンすることから始まりました。その後、Laser Scan Modellerを使って、CADMATIC eBrowserとPlant Modellerにレーザースキャンデータを取り込みました。eBrowserを使用して、現在のシステムの配置を可視化しました。Plant Modellerに読み込まれたスキャンデータを使って新しいシステムダイアグラムを作成し、Diagramモジュールで船舶内の構造と機器・配管を再現しました。最後に、Plant Modellerが、DiagramとPlant Modelerの間のサポートリンクを利用してモデリングを誘導し、利用可能なスペースでルーティングを行うために、使用されました。

Laser Scan Modellerに注目

Glostenは改造の仕事が大幅に増えたので、Laser Scan Modellerにとても注目しています。使用頻度も高く、使用経験も豊富です。

「CADMATICのスキャン処理には非常に感心しており、非常に便利なツールだと考えています。CADMATICへのスキャンデータの取り込みは、高速で効率的、かつ品質を落とさずに行うことができます。スキャンデータがよく見えるともみんな思っています。バブルビューに飛び込んで周囲をクリアに見渡せるのも、良い追加機能です。点群に基づいて配管のルートを決めることができるので、既設配管のサイズを決める際に当て推量をする必要がなくなりました」とAshleyは説明します。
「CADMATICは、優れたデザインを生み出す能力を高めてくれました。CADMATICはフィードバックに敏感で、常に新しい改善や機能でソフトウェアを進化させようとしているので、私たちはすべてのクライアントやパートナーにCADMATICを勧めています」とAshley D. Vetterは言います。
バラスト水処理装置

CADMATIC Electricalの導入

2022年、Glostenは厳密な評価プロセスと競合製品との比較を経て、CADMATIC Electricalを導入しました。Glosten 社の船舶用機関・電気エンジニアである Adam Brown 氏によると、船舶の電気システムはより複雑になっており、情報を維持し、変更があった場合に設計成果物全体で部品やケーブルを確実に更新できるような統合ソフトウェアパッケージが必要であるとのことです。

電気配線図やケーブルブロック図には、何百、何千ものケーブルが含まれますが、初歩的なAutoCAD®を使用する場合、機器やケーブルが複数の図面に現れると、データ管理に大きな問題が発生します」とAdamは言います。

Glostenが異なる電気設計ソフトを評価する際に重視したのは、データベースバックエンド、プロジェクト設定時間、使いやすさ、機能性、他のソフトとの連携などです。

「いくつかのソフトを試した後、CADMATIC Electricalを選びました。また、DiagramやPlant Modelerなど、他のCADMATICソフトウェアとの連携も非常に気に入っています。さらに、CADMATICのサポートチームや営業チームとの連携も良い経験でした。CADMATIC Electricalを選んだ最大の理由のひとつは、優れたソフトウェアサポートでした」とAdamは説明します。

Glostenは初期トレーニングを終え、2つのプロジェクトでCADMATIC Electricalを使い始めています。これにより、さらなる評価を行うとともに、Glostenのデザインプロセスにおけるさまざまなタスクにソフトウェアを使用するためのベストプラクティスを特定することができます。

Adam Brownによると、CADMATIC Electricalから直接ケーブルをインポートできるので、デザインチェックを追加できて、成果物の精度と品質を向上させるとともに、設計プロセスの大幅な時間短縮を実現することができます。

Adam Brownによると、CADMATIC Electricalから直接ケーブルをインポートできるので、デザインチェックを追加できて、成果物の精度と品質を向上させるとともに、設計プロセスの大幅な時間短縮を実現することができます。

CADMATIC Laser Scan ModellerとCADMATIC Electricalについてもっと読む

レーザースキャンした点群を改造プロジェクトでシームレスかつ効率的に使用する方法をご紹介します。CADMATIC Electricalがお客様の船舶設計プロジェクトにどのように適用されるかについて、詳しくはこちらをご覧ください。