海洋プロジェクトのレーザースキャン

レーザースキャナーから3Dモデルや生産データまでのデータをシームレスに使用するための統合ソリューション。 設計プロジェクトでのレーザースキャンテクノロジーの使用を促進します。 使い慣れた設計ツールを使用して、点群を3Dで直接利用します。

無料デモを予約する

主な特徴

  • レーザー走査装置と点群のフォーマットに制限はありません
  • スキャナーの注釈付きインテリジェントマップ
  • 仕様書とライブラリを使用して3Dコンポーネントを作成する
  • 作成されたモデルは、自動ISOやBOM生成、EBROWSERでのプロジェクトレビュー、ESHARE情報管理との統合など、他のCADMATICモジュールと完全に統合されています

レーザースキャンデータを3Dモデルへ統合

新しい配置をラフに検討する際に既存の船(や海洋構造物)の配置を表示して調査できるため、新規アイテムを詳細に設計したり、既存アイテムをリモデリングする際の測定や位置合わせのための参照対象として点群を使用します。 再モデリングするときは、他のCADMATICモジュールの設定、ライブラリ、部品を直接使用して、正しい属性と材料を設定できます。

参考資料

Goltens Green Technologies

世界中に拠点を持つGoltensは、船舶修理サービスを提供する世界有数の独立系プロバイダーです。ドバイ、韓国、上海、シンガポールの各オフィスでは、すでに以前からCADMATICのソフトウェアを使用しています。オランダGroningen のGoltens Green Technologies B.V.(以下、Goltens Groningen)は、2017年にCADMATICソフトウェアを導入しました。

導入事例を読む

"CADMATICのスキャン処理には非常に感心しており、非常に便利なツールだと考えています。CADMATICへのスキャンデータの取り込みは、高速で効率的、かつ品質を落とさずに行うことができます。"

Ashley D. Vetter, 出図とアドミニストレーター

Glosten

デジタルトランスフォーメーションを推進するソフトウェアの、 実運用開始を成功させるための4つのフェーズ

このホワイトペーパーには、デジタルトランスフォーメーションと近代化の道を歩む造船 所向けの船舶設計ソフトウェアの実運用開始を成功させるための主なフェーズの概要と ベストプラクティスのガイドが示されています。これは、設計およびエンジニアリングオフ ィスでの新しい船舶設計ソフトウェアの実運用開始に関する懸念を軽減し、造船管理プ ロセスを改善します。

ダウンロード

その他の関連ソフトウェアソリューション

情報管理

海洋プロジェクトの情報を視覚化、管理、共有するための製品で、造船およびオフショア産業におけるデジタル化のキーとなるソリューションです。


続きを読む

船殻構造設計

基本設計から詳細設計および生産設計まで - 3Dモデルを作成し、正確な生産データを自動的に抽出します。

続きを読む

電気&自動化

汎用性の高いCADMATIC Electricalは、電気および自動化エンジニアリング、配電ネットワークの設計、配電盤のレイアウト設計のさまざまな設計および図面化のニーズに最適です。

続きを読む