造船用の3D電線設計

ケーブル配線の工数を大幅に節約し、プレカットケーブルの設置に必要な時間を短縮します。

無料デモを予約する

主な利点

  • 3Dモデルでケーブルウェイを簡単に作成
  • ケーブルウェイとペネトレーションを使用して、すべての可能なケーブルルートのノーダル・ネットワークを自動的に作成します。
  • CADMATIC Electricalで作成したケーブル、または他のソースからケーブルのXLMをインポートして作成したケーブル。
  • オプションルートの調査、可能なルートでの問題点の分析
  • オートルーティングなどのルーティング機能、包括的な変更・ステータス管理。
  • 貫通部や電路のケーブルとその充填率を簡単に見ることができ、電路断面図を作成することができます。
  • eShareとeBrowserは、ルーティングされたケーブルや他のソースからの外部データを表示することができます。

ケーブルルーターは、ケーブルの最適な経路を選択し、ケーブルの切断長や貫通部の充填率、許容干渉クラス、セグリゲーション距離、ケーブルのスタッキング方法、制限区画や防火区画を計算する完全自動のルーティング機能を搭載しています。

ケーブルウェイのモデルには、トレイ、ラダー、ケーブルコンジットなど、さまざまな種類の部品が使用されます。部品にはサービススペースも追加可能です。配置されるケーブルウェイオブジェクトは、仕様駆動型です。ケーブルマネジメントツールでは、モデル内の既存のケーブルウェイや貫通部を基に自動生成される動的なノードネットワーク(ノードとセグメント)を作成/変更できます。ノードネットワークには、ルールに基づいたケーブルトレイ構成要素間のエアジャンプが含まれています。

或る機器と他のオブジェクトの間などで、ノードネットワークからケーブルの最適な経路を探し出したり、ケーブルの状態を管理するシステムです。どのケーブルが配線され、どのケーブルが配線されていないか、また、ケーブルの経路の変更により、どのケーブルの配線が変更されたか、断線したかを簡単に管理することができます。CADMATIC Electricalで作成されたケーブルは、Cable Managerと完全に統合されており、変更点を比較し解決することが可能です。また、XMLリンクを介してMS Excelから簡単にインポートすることができるケーブル定義情報を使って、ケーブルマネジメントツールは自動的にケーブルを作成します。

選択した位置のケーブルウェイと貫通部(Roxtecなどの密閉型貫通部を含む)の断面図を作成することができます。断面図はケーブルウェイ上の分離部や貫通部でのケーブルの充填率や配置を検査するために使用することができます。配置図に断面図を添付することで、現場での設置に必要な情報を追加することができます。ケーブル事前カット用のカット長リストを自動作成します。

その他の関連ソフトウェアソリューション

情報管理

海洋プロジェクトの情報を視覚化、管理、共有するための製品で、造船およびオフショア産業におけるデジタル化のキーとなるソリューションです。

続きを読む

船殻構造設計

CADMATIC Hull Structural Designは、基本設計と船級承認図の作成から、完全な3D詳細モデル作成、複雑なプロジェクトの生産データの自動抽出まで、船体設計用のCAD / CAMソフトウェアソリューションを提供します。

続きを読む

艤装配管設計

P&IDの統合データベース駆動設計、設計者向けの直感的なツールを使用した予備的および詳細な3Dモデリング


続きを読む