相互運用性とeXchanger

他のテクノロジーサプライヤーやソフトウェアシステムとのスムーズな連携、統合、インターフェース。

無料デモを予約する

CADMATICソフトウェアは、他のテクノロジーサプライヤーやソフトウェアシステムとのスムーズな連携、統合、インターフェイスを可能にするために、できる限りオープンに設計されています。 CADMATICのオープンデータベースと多数の相互運用機能により、システム間でデータを簡単に移行できます。

さまざまなeXchangerを使えば、異なるソフトウェアプログラムとの間でメタデータを含めるか、参照モデルのみを保持するか選択して、データを交換できます。

建造用図面は、DWGやPDFなどの最も一般的な形式で出力でき、必要な方法で配信できます。 

サポートされているインターフェイスとファイル形式の詳細を読む

以下に使用できるいくつかのインターフェース:

    • AutoCAD®DXF/DWG形式を使って、2Dビューおよび2D図面をAutoCAD®やNAPA Steelなどの他の製図システムとの間でインポートおよびエクスポートします。
    • AutoCAD®経由で、DXF/DWG、IGES、SAT、STEP形式を使って、3D船体ジオメトリを他の3Dシステムにエクスポートします。
    • 3D船殻モデルをAutoCAD®3Dワークスペースに変換して別システムへ渡します。 Hull ARXプラグインモジュールは、3D船殻モデルをネイティブのAutoCAD形式に変換するために使用できます。
    • (完全な)NAPA SteelモデルをCADMATIC 3D船体データベースに転送します。 これは、NAPA Steel Importモジュールで実行できます。 NAPA Steelモデルの既存のトポロジは完全に保存され、CADMATICデータベースによって採用されます。 モデルが転送されると、CADMATIC Hullで作成されたかのように、さらに詳細なエンジニアリングに使用できます。

AutoCAD®、PDS®、PDMS®、Smart3D®、Okino®、SmartPlant®は登録商標です。その他の製品またはブランド名は、それぞれの所有者の登録商標または商標である可能性があります。

3D船殻モデルをAutoCAD®形式に変換したいユーザー向けに、AutoCAD®用の無料のプラグインモジュールが用意されています。

このツールは、ネイティブ3D船殻モデルをAutoCAD®3Dワークスペースに変換して他のシステムへ渡します。

ダウンロードページに進む前に、まず登録する必要があります! 登録すると、提供されたARXユーザー情報に従ってARXの更新情報が送信されます。

注意! CADMATIC ARXプラグインは、AutoCAD®14、2000、2002、2004、2005、2006、2007、2008、2009、2010、2011、2012、2013、2014、2015、2016のソフトウェアバージョン(32ビットと64ビットの両方)と互換性があります。

ダウンロードする前にEULAをお読みください。

EULA

ARXプラグインの登録とダウンロード

AutoCAD®、PDS®、PDMS®、Smart3D®、Okino®、SmartPlant®は登録商標です。その他の製品またはブランド名は、それぞれの所有者の登録商標または商標である可能性があります。

生産図面は、必要な方法で、最も一般的な出力形式で配信できます。 次の相互運用機能が使用できます。

  • CADMATICとの間の2D図面のエクスポート/インポート形式は、dwg、dxf、dwf、pdf、svg形式です。
  • 3D eXchanger forAutoCAD®によるAutoCAD®3Dモデルのインポートとエクスポート
  • PDS®、PDMS®、Smart3D®、Okino®モデルのPolytrans、からCADMATIC eBrowserモデルとCADMATIC 3DDファイルを生成するためのコンバーター
  • PDS®、PDMS®およびその他の形式の3DインテリジェントモデルをCADMATICインテリジェントモデル(パラメトリックモデル全体と属性値を含む)に変換する変換サービス。
  • 3DレーザースキャンシステムからCADMATIC Outfittingにファイルをインポートする
  • Import files from 3D laser scanning system into CADMATIC Outfitting

AutoCAD®、PDS®、PDMS®、Smart3D®、Okino®、SmartPlant®は登録商標です。その他の製品またはブランド名は、それぞれの所有者の登録商標または商標である可能性があります。

eXchangerは、AutoCAD®ソリッドモデルとCADMATICリファレンスモデルとの間で相互変換します。 これにより、AutoCAD®ユーザーは、CADMATIC設計プロジェクトでAutoCAD 3Dモデル(またはSolidworks、AutoDesk Inventor、Catiaのモデル)を使用できます。

eXchangerは、ダウンロードページから無料でダウンロードできます。 ダウンロードページに移る前に、まず登録する必要があります。

注意! CADMATIC eXchanger for AutoCADは、AutoCAD®2007-2017ソフトウェアバージョンと互換性があります。

AUTOCAD用のEXCHANGERの登録とダウンロード

AutoCAD®、PDS®、PDMS®、Smart3D®、Okino®、SmartPlant®は登録商標です。その他の製品またはブランド名は、それぞれの所有者の登録商標または商標である可能性があります。

Reference

SDARI – 統合された3Dデザインは個々の 長所を組み合わせたもの

1964年に設立された上海商船設計研究院(Shanghai MerchantShip Design and ResearchInstitute:SDARI)は、中国で最大の船舶研究設計会社の1つです。2008年からCADMATICソフトウェアを使用して、配管設計、系統図、船殻設計を行っており、現在、ダクトとケーブルトレイの設計、およびeShare情報管理ソリューションのCADMATICをテストしています。

Read the case study

"この機能で詳細設計や生産設計を容易にし、これら2つの設計フェーズを1つのプラットフォームに統合します。 さらに、図面を更新または配布するときのミスを回避できます"

SDARIの副社長Li Lu

SDARI

デジタルトランスフォーメーションを推進するソフトウェアの、 実運用開始を成功させるための4つのフェーズ

このホワイトペーパーには、デジタルトランスフォーメーションと近代化の道を歩む造船 所向けの船舶設計ソフトウェアの実運用開始を成功させるための主なフェーズの概要と ベストプラクティスのガイドが示されています。これは、設計およびエンジニアリングオフ ィスでの新しい船舶設計ソフトウェアの実運用開始に関する懸念を軽減し、造船管理プ ロセスを改善します。

ダウンロード

その他の関連ソフトウェアソリューション

情報管理

海洋プロジェクトの情報を視覚化、管理、共有するための製品で、造船およびオフショア産業におけるデジタル化のキーとなるソリューションです。

続きを読む

船殻構造設計

基本設計から詳細設計および生産設計まで - 3Dモデルを作成し、正確な生産データを自動的に抽出します。

続きを読む

電気&自動化

エンジニアリングおよび3D電気設計のニーズに対応する電気および自動化ソリューション。

続きを読む