船体構造設計

船体構造モジュールはCADMATIC Hullシステムの中核です。これは、基本設計から詳細設計及び船体ブロック、組立部品、パネルや部品の生産設計までの船体構造の全体3Dモデリングのために使用されます。

キーポイント:
  • 他のCAD / CAM/ CAEシステムと比較すると非常に迅速かつ簡単に使用できます。
  • 船体構造は修正が迅速かつ容易に出来るようTopologicalな形で格納されています
  • 直感的なユーザーインターフェイスは、構造コンポーネントの作成時に最大の支援で船体設計者を導きます。
  • ルールベースのエンジニアリングは、エンジニアを支援し、エラーを回避します。
  • 強力なコピー機能、ヤード標準のパラメータの定義、そして多くの自動処理メカニズムを含みます。

船体構造 は、設計プロセス全体 を通して設計者 の作業をサポートし 、 容易にするTopology を提供します 。船体構造は又、2次元図面を作成する専用機能を持っています。そして船体形状インポートマネージャモジュールは、別の独立したファイルフォーマットに基づいて作成されたサーフェースベースの船体形状モデルを、CADMATICに直接インポートすることができます。アドオンモジュールの外板生成と相互運用モジュールも船体構造設計システムの一部であり、個別にライセンスされています。

Hull Structure Basic Design – 技術説明

Hull Structure Detail Design – 技術説明

Scroll to Top