ユーザー事例

エンジニアリング

設計の品質とスケジュール維持は、エンジニアリングフェーズで最も重要な事項です。

CADMATICソフトウェアは、特に設計者の作業を容易にし、その効率を高めるために開発されました。使いやすさ、強化された設計自動化、仕様書ベースの材料選択は、干渉チェックなどの自動機能同様に、エンジニアリングプロセスをスピードアップします。正しい材料の選択やエラーのない3次元モデリングは設計品質を高め、作業のやり直しを減らします。

調達

購買は、建造フェーズの基点となるものです。材料情報は、早い段階で3Dモデルから入手可能で、これは購買期間を延長し、相見積もりによってより多くの利益を得ることができます。誤りのない材料情報は、余分な材料の必然性を低減し、大幅に材料の調達コストを削減します。

建造

建造中の技術情報の確実性と信頼性は、プロジェクトの成功を保証する上で重要です。

CADMATICソリューションは、効果的に設計から製造や搭載までの情報をオンラインで共有しています。製造をサポートする情報を生成することによって製造プロセスがスピードアップされます。搭載作業の調整やプロジェクト管理も簡略化されます。より正確な情報によって建造フェーズエラーが制限されることにより、投資コストを低減します。

情報管理とプロジェクトレビュー

良好なコミュニケーションと、すべてのプロジェクト関係者間で共有する効果的な情報は、産業投資の重要な成功要因です。CADMATICの洗練されたツールや機能は、プロジェクト参加者間の情報共有やレビューを容易にします。CADMATICは、適切な情報が適切なタイミングと場所でアクセス可能であることを保証します。それによって思い違いやコストのかかるエラーを削減します。これは、プロジェクトの意思決定と管理を改善します。

改造

船舶などのプラントの運転寿命は、多くの場合長く、多くの改造や更新が、そのライフサイクルの間に起こり得ます。先端のレーザースキャニング・ツールを活用して正確な点群の形状を作成して、設計の背景として使用するために3Dモデルにインポートすることができます。この機能は、そのプロセスの部品の、より大きな事前組立を可能にし、部品が完璧にプラントの現状にフィットすることを保証します。それは改造設計プロセスを短縮し、品質を向上させ、大幅に生産の中断時間を削減します。

フロント・エンド エンジニアリング

CADMATICの製品 は、投資意思決定をサポートするために、素早く設計 / 事前設計情報 を生成します。これには主なプロセスダイアグラムやユニットの事前配置図やその視覚化を含みます。

良好な事前のエンジニアリング情報は、リスクを最小限に抑え、堅実な意思決定のための基盤となります。このフロントエンドエンジニアリングデータは、後で詳細設計で使用されるため、建造プロセスをスピードアップすることができます。

保守/運用/資産管理

3次元のレビュー用モデルやドキュメントなどのようなエンジニアリングデータは、船舶などのプラントの建造フェーズで活用できます。CADMATICのeShareを使うことで、ユーザーは、自動的にリンクされる技術図面やメンテナンス情報付きの見易い3次元可視化モデルを介して、情報を共有、管理することができます。ソフトウェアは、様々な生産及び自動化システムにリンクでき、使いやすい視覚化された船舶などのプラントモデル内で、オンライン情報を表示することができます。例えば、メンテナンススタッフが次の週のメンテナンス対象を視覚的に確認できます。

安全性の問題

船舶の運行やプラントの操業では安全が最も重要です。運行中や操業中に必要となる種類のリスクを可視化することで、乗組員や作業員は利益を得ることができます。

実際のメンテナンスが行われる前に、メンテナンスプロセスごとの部品の分離状態も視覚化することができます。見易い色分け表示は、いつ作業が安全に行われるか、何処で事故のリスクが減少したか、を説明します。3D仮想モデルは、安全性に関して操作担当者を訓練するために利用することができます。

Scroll to Top