イタリアのWalley Design

Walley Design ItalyはCADMATICの使用を増やします。

イタリアのWhalleyDesignは、2003年にすでに最初のCADMATICライセンスを購入し、2014年には彼らの作業量に対応するため、ライセンスが更に追加されました。同社は、主にパイプラインをモデル化するために、レーザースキャナを含む他の設計ソフトウェアと近代的な技術とを相互作用するために、CADMATICを使用しています。

Walley Designは1974年に設立され、エネルギー、機械、化学、石油・ガス、オフショアおよび製薬の分野に、詳細設計(構造、機械、土木)を提供しています。同社のサービスには、実行可能性研究、基礎研究および施工図面の分析や開発が含まれています。

Walley Designの能力範囲の分野は、大規模な共同住宅から複合サイクルや水力発電所のような産業プロジェクト、電気的および機械的なアプリケーションだけでなく、化学・製薬工場までです。

Walley Designのオーナー、Roberto Rambaldini氏によると、彼らはすべての可能性を活用し最も優秀な方法で顧客をサポートできるようにするために、ソフトウェアの最新リリースを含む能力のすべての分野で最新ニュースで最新に保ちます。

Rambaldini氏は、CADMATICの大きなプラスポイントは、非常に高品質(/価格比)であることを感じています。CADMATICサポートチームもまた、特にソフトウェアの実行を彼らがサポートすることに関して、Walley Designから多くの賞賛を受けています。彼らはまた、CADMATICが彼らのパイプラインモデリングや設計にどのように良く適しているかについて満足しています。

「我々の経験によると、CADMATICは我々のデザインプロジェクトと我々の作業やニーズによく適していると思われます。例えば、新しいパイプラインモデルを開始したり、既存の配置を更新して、その上で動作するようにするのは非常に簡単です」とRambaldini氏は言います。

レーザースキャニングの統合

Walley Designによって広く使用されているもう一つの機能は、他の設計ソフトウェアとレーザースキャンされた材料との統合です。

「我々は、効率的に他の設計ソフトウェアと相互連携できるCADMATIC能力を高く評価しています。現在、私たちのCADMATICライセンスはナポリで新しいプロジェクトのために主に使用されています。そのプロジェクトは、設置エリア内の既存の障害物の詳細なスキャンの後にモデル化された、新しいパイプラインで構成されています。このプロジェクトでは、実地調査の結果に含まれる新しいパイプラインをモデル化し既存の物体と何も干渉せずに新しいサポートの正確な配置することを可能にするために、モデリングソフトウェアは、レーザースキャニング(その専用のソフトウェア)から得られた結果と、完全に相互に作用することができることが非常に重要となっています」とRambaldini氏は説明します。

CADMATIC Laser Scan Modeller

イタリアのWalley Design

Walley Design概略

創立1974年
売上高:600万€/年

デザインプロジェクト価格:最大300万€

最終的なプラント価格:80~100万€

経営支援サービス

  • 契約条文のための技術サポート
  • 事前試運転および試運転
  • 調達
  • 材料手配
  • 見積依頼
  • 請負業者管理
  • 供給者のための資格認定プロセス
Scroll to Top