Uusikaupunkiの大豆加工工場

CADMATICで設計されたUusikaupunkiの大豆加工工場

ヨーロッパ最大の全工程大豆加工工場が、最近、フィンランドのUusikaupunkiに完成しました。大豆加工会社Finnprotein Oyは、1億ユーロのプロジェクトの設計をCADMATICプラント設計ソフトウェアで委託することにより、Turku市にベースを置くElomatic社の農薬エンジニアリングノウハウに対する信頼を示しました。

Elomatic副社長・Hannu Heikkilä氏によると「同社は設計・調達・建造管理(EPCM)に集中しました。Elomatic社は、建造段階における調達と監督サービスだけでなく、幅広い分野をカバーしたプラント設計を担当しました。

「そのプラントは、ヨーロッパではその種の最大のですが、実際に世界でも同じ大きさの加工工場は少ししかありません。フル稼働すると、この大豆加工工場は年間大豆約400?000トンを処理します」とHeikkilä氏は言います。

国内の農薬の専門知識

Orivo工業地域での建設作業が最近完了しました。経験豊富なエンジニアリング会社にとっても、このプロジェクトは珍しいものです。

現代の大豆プラントは、動物飼料業界、食品業界向けやバイオ燃料のための製品を生産する大豆を処理します。Finnprotein工場は、廃棄物を生成せずに大豆を100%処理します。汎用性の高い大豆は、豆の外皮を含み、完全に利用されています。動物飼料および大豆油に加えて、さらに、大豆濃縮物に加工することができます。すなわち、タンパク質濃縮物、レシチン、糖蜜および顆粒です。

CADMATICプラント設計システムは設計の効率化を提供します

CADMATIC設計ツールは、完全に包括的な機器配置の設計、配管システム、鋼構造および他の構造ののプロジェクトで使用されました。新しいCADMATIC V6.2の機能は、設計プロジェクト全体を通して成功裏に使用されました。

「eBrowserモデルレビューツールは、設計全部門の専門家や請負業者やオーナーやオペレータを含むプロジェクトチームのための重要なコミュニケーションツールでした。マークアップ機能は、新しい可視化機能と同様に非常に有用でした。新しいeBrowserで、我々はeBrowserモデルから直接、オブジェクトにリンクされたマップ(地図)を生成することができました。もう一つの貴重な機能は、異なる設計段階や代替案を比較することが出来る機能でした」とHeikkilä氏は指摘します。
Uusikaupunkiの大豆加工工場
Scroll to Top