SCA Obbola

CADMATIC & SCA Obbola:次の15年間とそれ以降

2001年、SCA Obbolaは市場から姿を消す予定の古いシステムに、彼らの全ての配管&計装ダイアグラムを持っていました。

同社は3D設計のツール同様に、より洗練された配管&計装ダイアグラムのためのツールを持ちたいと思いました。現在SCAのプロジェクトエンジニア且つCADMATIC管理者であるChrister Björk氏は、1998年の以前のプロジェクトでのソフトウェアとの彼の知識と経験に基づき、CADMATICを紹介し、推奨しました。2001年、約230の既存の配管&計装ダイアグラム図面とコピー紙がCADMATICにインポートされました。今日、Obbola工場のすべての配管&計装ダイアグラムがCADMATIC Diagramで管理されています。現在、CADMATIC Diagramを含む10以上のモジュールがSCA Obbolaで使用されています。

2005年以来、すべてのSCAプラントプロジェクトは3Dにされ、CADMATICに転送されてきました。3Dモデルが「主な図面」であり、そのため文書管理システム内に配管配置図や一品図面を保管する必要がなくなります。CADMATIC eXchanger for PDMSは、CADMATICにPDMSから3Dモデルを変換するために使用されます。分散設計機能のおかげで、外部の設計外注会社は、レプリカ・サーバーを経由して、SCA Obbola3Dモデルとデータベースで直接作業することができます。マスターサーバーはObbolaにあります。SCAではCADMATIC Laser Scan Modelerは既存のプラントをスキャンし3Dにモデリングしています。

「私はeShareがSCA ObbolaとCADMATICの双方で大成功することを強く確信しています。ソリューションのユーザーとしての我々と開発者・供給者としてのCADMATICにとって。」

SCA Obbola ABITマネージャー Peter Brunesson

CADMATIC情報管理ソリューションは、SCAでのスムーズな業務の流れに貢献しています。eBrowserはプロジェクトで設計レビューのために使用されており、eBrowserのモバイル版であるeGOは、2015年の秋に使われるようになりました。SCA Obbola は、メンテナンスや運用管理のために2016年にeShareを使用し始めました。配管&計装ダイアグラムが、メンテナンス運用 スタッフが容易にアクセスできるように、DiagramからeShareに公開されています。さらにSCAは、SAPやSitebaseなどの他のソフトウェアにeShareをリンクしています。毎晩、3DモデラーからのモデルがeBrowserとeShareに公開され、ユーザーは前日からの変更を見ることができます。

SCA Obbolaの紙パルプ工場は、スウェーデンの北部にあります。同社は、段ボールの平らな表面層を形成する強力な未漂白紙の裏地を生産します。Obbola工場は、毎年450000トンの紙を生産します。

SCA Obbola

Scroll to Top