Saudi Aramco

Saudi Aramco

Saudi Aramcoはその情報管理ソリューションとしてCADMATIC eShareを採用しています。同社は、3Dプラント表示のためにeBrowserライセンスを購入し、そのPDSモデルのレビューために、Internet Explorerと一緒にeBrowserを使用しています。単一のユーザインターフェースを介して、すべてのシステムを管理することができるようにSaudi Aramcoの全ての企業システムに広範な統合機能が作成されました。

Saudi Aramcoは地球規模のオペレーションとエネルギー産業で世界のエネルギーリーダーです。今日、Saudi Aramcoは(シェールオイルではな)従来型原油の世界最大埋蔵量を保持し、原油の世界最大の生産国かつ輸出国であり、液化天然ガスの輸出で世界をリードしています。また、精製や流通施設の広範なネットワークを所有・運営し、サウジアラビアの産業部門に燃料を供給するガス処理設備と輸送設備を管理しています。

Saudi AramcoはPDSモデルをCADMATIC eBrowserモデルに変換するCADMATICツールを利用しています。このシステムは、ウェブベースであり、すべての情報が小さくて処理しやすいファイルに含まれているという事実のために、eBrowserモデルは、IT技術の観点からの企業システムの統合に適しています。

Saudi Aramcoの重要な企業システムは、プロセスデータの可視化、検査システム、ならびにiPlant、Saudi Aramco社内開発のドキュメント管理ソリューションのためのRBIリスク分析OSIsoftPiを含むeShareに統合されています。Saudi Aramcoの従業員は現在、例えば3Dモデルの中でプラントを仮想的に歩き周り、単にモデルの中のオブジェクトをクリックするだけで、機器やシステムに関連するすべてのドキュメントを取得します。

Saudi Aramco
Scroll to Top