インドの原子力発電会社

インドの原子力発電会社

2009年以来のCADMATICユーザーNPCILはCADMATICライセンスの数を増加し、最新のバージョンにアップグレードしました。

NPCILは現在、インドのグジャラート 州のカクラパー原子力発電所の、それぞれが700MWeの電力を発電するユニット3とユニット4を完成させました。ユニット1および2と組み合わせたプラントは、1840MWeの総容量を持つことになります。建造は2016年半ばまでに完成する予定で、ユニットは2016年末までに稼動を開始します。

約100 CADMATICライセンスがNPCILとその下請け業者によって、物理的に膨大なエリア、パイプライン、機器、空調、ケーブルトレイ等の大規模なプロジェクトを完成するために使用されています。

NPCILとCADMATIC社の現地の技術開発チームの間の緊密な協力で、厳しい要求といくつかのプロジェクト変更にもかかわらず、プロジェクトをスケジュール通りに維持しています。CADMATICを使ったNPCILの次のプロジェクトは、2015年の夏に開始されるGHAVP-プロジェクトです。

それにはCADMATIC設計アプリケーションとeShare情報管理ソリューションのより広範な使用が含まれます。

インドのHaryana州Fatehabad地区Gorakhpur村の2800メガワット Gorakhpur Haryana Anu Vidyut Pariyojana原子力発電所(HAVE)の礎石は、2014年1月に敷設されました。第一段階として1400メガワットの電力を生産する2つのユニットの試運転が開始され、2020年から21年に完了します。第二段階では、容量を倍増し総2800メガワットとします。

インドは、4800メガワットの電力を生成することができ、今後10年間で27,000メガワット以上の電気を生産する能力を持つことになります。

CADMATICは、人口増加や経済のためのエネルギーの安全かつ信頼性の高い情報源をインドに提供することを探求するNPCILの誇りのパートナーです。

インドの原子力発電会社

CADMATICの社長、Jukka Rantala氏はインド市場の発展に熱心です。

Scroll to Top