Izoprojekt

Izoprojekt は2006年からCADMATICユーザー

Izoprojekt sp. z o.o. (Izoprojekt)は、2006年に同社が設立されて以来、アクティブなCADMATICユーザーです。ポーランドのWloclawek市に拠点を持つ、このエンジニアリング会社は、エネルギー、化学および石油化学工業のためにデザインサービスを幅広く提供しています。Izoprojektは、小規模および大規模な学際的なプロジェクトの両方で効率的にCADMATICを使用してきました。CADMATICを使って完成された最近の印象的なプロジェクトは、Anwil SA のULTRA-A-200TM空気分離プラントの技術文書です。

Izoprojektは、その設計作業において、この専門分野で豊富な経験と高度な資格を持つ従業員を雇って近代的なツールを使用することで、成功を達成しています。ポーランドでは、この会社はポーランドの規則とUDTの要求を順守しますが、従業員はその設計作業の中で最も国際的な基準を適用する経験も積んできました。

Izoprojektは、設計者をサポートする新しく近代的なツールの使用して近代的な設計プラクティスでそのスタッフを訓練することによって、彼らの継続的なスキル向上に努めています。

Izoprojektは、小さな技術から開始して多くの学術分野のプロジェクトに至る、塗装工場や空気分離ユニットプラントのような広い範囲のプロジェクトを含む3D設計プロジェクトのすべてにCADMATICを使用してきました。Izoprojekt のプロジェクトマネージャー、Grazyna Lemiech氏によると、特に大規模なプロジェクトでは、CADMATICは、可能性のあるエラーや衝突を検出するのに非常に便利です。

「CADMATIC eBrowserアプリケーションでプロジェクトをレビューできることは、大きな満足を我々と我々のお客様に提供します。このツールを使用すると、私たちは迅速かつ容易に仮想プラントの検査を行うことができます。これは、簡単にプラント設計をレビューして、必要とされるかも知れないどんな調整も簡単に識別することで、我々と我々のお客様を助けます。CADMATICはまた、材料の仕様書を作成するための有用な能力を持っています。多くの独立したオブジェクトがモデル内に存在する場合、これは特に重要です」とLemiech氏は言います。

効率性の向上と時間の節約

CADMATICソフトウェア、特にバージョン6での作業は、私たちに多くの満足感を提供し、設計作業の効率をかなり高めることを可能にします。また、技術文書を作成するために必要な時間を短縮します。

これまでのIzoprojektの最大の受注案件の1つは、Anwil SA のため、容量210トン/日のULTRA-A-200TM空気分離プラントの技術文書の設計です。プラントのプロセス設計は、AMCS社によって完成されました。モデルは、カスタマイズされた高効率複合生産プラントのULTRASeries®の一部です。この印象的なプラントは、液体酸素、液体窒素や液体アルゴンと共に気体酸素と窒素を生成します。

Izoprojekt

極低温液体貯蔵施設

空気分離ユニットプラント

Izoprojektプロジェクトマネージャ、Grazyna Lemiech氏

Scroll to Top