Ingersoll Rand

Ingersoll Rand はCADMATICで効率性向上

Ingersollは、発電所や石油化学プラントの種々の用途の建物をモデル化するためにCADMATICを使用しています。同社は以前、独自の完成品引渡しプロジェクトで供給される配管工事をモデル化するためのPro-EおよびAutoCADのソフトウェアを使用しましたが、より効率を得るためにCADMATICを採用することを決定しました。n 2D was very time consuming and only provided them with about 70 % accuracy.

Ingersoll のMitesh R. Shahによると、2Dによるアイソメ図の作成は非常に時間がかかり、約70%の精度でしか提供できなかった、とのこと。「CADMATICの助けを借りると、我々は100%の精度でアイソメ図と部品表を生成することができます。我々はもう余分な材料を送る必要はありませんので、時間とお金の節約ができます」とShah氏は言います。

Ingersollは現在、Rajasthan州政府とNTPCの発電所に関連するモデリングのためのパイプラインで4つのプロジェクトを持っています。

Ingersoll Rand

IngersollのMitesh R. Shah(left)氏は CADMATICでの効率性向上の達成に感銘を受けています。

Scroll to Top