H&Dエンジニアリング

最大の効率を達成する方法を示すH&Dエンジニアリング

「要求の厳しい顧客の要求を満たすことは、エンジニアリングと設計において、最大の効率が達成され、維持される場合にのみ可能です」。これは、チェコ共和国のH&Dエンジニアリング(H&D)の機械設計部門マネージャーであるシュテパン・シュミダ(ŠtěpánŠmida)氏が提供する成功のためのレシピです。

どんなレシピでも、細かい計画を立てるには良いツールが必要です。 この目的のために、H&Dは2011年にCADMATICを実装しました。シュテパン氏は、CADMATICの相互運用性と設計精度を重要な付加価値機能として強調しています。

電力分野における要求の厳しいプラント設計プロジェクトのH&Dの参考文献リストは、実に印象的です。とりわけモラビア南東部のオトロコヴィツェ加熱プラントでの新しい排煙再循環が含まれています。

「最大限の作業効率で作業することは非常に重要であり、CADMATIC Plant Designの助けを借りてこれを行うことができます。1つの具体的な例は、クライアントとのコミュニケーションを容易にする方法です。ほとんどの時間、私たちのプロジェクトを通してクライアントと常にコミュニケーションをとりながら、実際の3Dモデルに基づいて多くの「準備段階の」文書を準備する必要があります。

3Dモデルは、eBrowserビューアで簡単かつ迅速に共有できます。また、モデルを建設現場に持ち込んで、組立スタッフやサプライヤーと効率的にコミュニケーションをとることもできます」とシュテパン氏は説明します。

評価された相互運用性機能

CADMATICの他のソフトウェアベンダーの製品やテクノロジーとの相互運用性は、シュテパン氏によって強調されたもう一つの要素です。 同氏によると、チェコ共和国のオトロコヴィツェにあるH&Dの加熱プラントプロジェクトは、この機能がどのように効率を上げるかの良い例です。

2015年のオトロコヴィツェ加熱プラントプロジェクトは、既存のホール内の2つのボイラユニット(K3およびK4)の近代化を実施しました。ボイラー全体をレーザースキャンし、その後、3DモデルはCADMATICにアップロードされ、詳細設計、スペース予約、干渉チェックのベースとして使用されました。

工場での排ガスの再循環は、排出削減と石炭ミルシステムの安全性の向上に焦点を当てました。加熱プラントの実現可能性を研究し、加熱プラントの様々な運用を比較検討するための非常に正確なモデルを開発しました。既存の褐炭燃焼ボイラーの改造は、石炭とバイオマスをベース燃料に追加するために複合燃料ボイラーについても検討されました。

「私たちは、この特定の具体的なプロジェクトでCADMATICが他のソフトウェアパッケージのモデルとどのように連携し、データ管理がどのように機能するかを見たいと思っていました。時には、タービンのような完全な機器を設計する時間がありません。そのような場合には、レーザースキャニングを使用して既存のボイラーの大きな3Dモデルを作成します。オトロコヴィツェのプロジェクトでは、このモデルはAutoCAD®で作成され、データの整合性に関して問題なくCADMATICにインポートされました。当社のスチールエンジニアは、AutoCAD®を介してCADMATICにインポートされた再循環パイプのサポート鉄骨構造を、問題なく再設計しました」と、シュテパン氏はスムーズなソフトウェアインターフェイスを説明しています。

成功したオトロコヴィツェのプロジェクトの次のステップはすでに進行中です。2016年9月、H&DはユニットK3とK4の近くにある別の既存のホールで、新しいガスボイラーの設計を開始しました。

2016年末までに、このプロジェクトの実行可能性の研究は、当局承認受図、基本設計図、最も可能性が高い詳細設計図のセットを作って完成し、2017年に続いています。

CADMATICとTekla®Structures間のダイナミックなワークフロー

2013年から2014年に完成したプラナー・ナト・ルジュニツィー暖房プラントプロジェクトは、H&DがCADMATICとTekla®Structuresとのスムーズなインターフェースをどのように実現しているかを示しています。

発電所プロジェクトは、部分的にはグリーンフィールドのプロジェクトであり、部分的には既存の発電所ブロックの近代化/改築でした。それには、4 x 9175 kWの電気出力のガスエンジンと、4 x 2850 kWthの蒸気と4 x 4780 kWthの熱水のHRSG(ガスタービン用排熱回収ボイラ)から成るロールスロイス熱電併給ユニットの設置が含まれていました。

H&Dは、ガスパイプラインの設計、熱分配システムの改修、既存の蒸気パイプラインと減圧冷却ステーションの改修、ボイラー用の外部配管システム、および石炭処理を担当しました。

H&Dはまた、このプロジェクトの土木工学すべてを担当していました。合計で、このプロジェクトには185トン以上の配管と200トン以上の鉄骨構造が含まれていました。

鉄骨構造設計のほとんどにTekla®ソフトウェアが使用され、プラントおよび配管設計にCADMATICが使用されました。Tekla®構造鋼モデルとCADMATICプラント設計モデルを組み合わせることにより、流暢な情報共有が保証されました。

「当社の鉄骨構造設計部門は、Tekla®でのプロジェクトの土木工事をすべて担当しました。新しい配管ラインのための既存の機械ホールには、いくつかのスペース制限がありました。CADMATICで主要配管ラインの3Dモデリングを行った後、配管の応力計算を行い、その結果を鋼設計者と共有することで、鋼設計者はそれに従って鋼構造の設計を完了しました。CADMATICモデルとTeklaモデルのインターフェイスは、すべての設計部門がCADMATICとTeklaの両方で干渉を識別して、解決できることを示しました」。

設計の精度

デザインの精度は、H&Dを差別化するものです。 H&Dは、他の企業と比較して、プロジェクトの不適合報告書(NCR)の割合を非常に低い割合に徹底的に抑えています。 彼らはどのようにしているのでしょうか。

「CADMATICは、迅速かつ簡単に、しかもすべての正確な設計を可能にします。 最終的な文書を作成するために必要な時間を最小限に抑えることができます。私たちは、簡単にレイアウト変更を行うことができますし、文書やモデルでKKSコーディングの実装管理が簡単です。 配管仕様機能が正しく使用されている場合は、エラーを完全に取り除きます。また、我々は大口径の傾斜管や長距離を使用することにも問題ありません」とシュテパン氏は結論付けています。

H&Dエンジニアリング

煙道ガスの再循環(ボイラーK3+ K4)

3つの粉砕ボイラー125t/h(97MWt)+2 TG25MkW

Planá nad Lužnicí 加熱プラント、 CZ (2013-2014) - C-Energy

Scroll to Top