FCG

フィンランドのコンサルティンググループ、1987年からのCADMATICユーザー

FCGはCADMATICの最初の外部顧客の1つであり、1987年すでにいわゆるCADMATICプラントモデリングシステムの使用を開始し、水処理環境エンジニアリングでこのソフトウェアを実用的に使用した30年の実績があります。

FCGは、インフラ、環境・都市デザイン、多くの専門分野にわたるトレーニング、公共サービス開発の各分野でサービスを提供する、水処理、衛生、環境コンサルティングのトップ企業です。同社の顧客は、幅広い民間部門および公共部門の組織の代表です。2015年にFCGの売上高は約7100万ユーロでした。FCGは、CADMATICを使用して、1980年代以降、現地でも、フィンランドでも、海外でも、さまざまな厳しい排水処理プラントの設計に取り組んできました。最も印象的なプロジェクトの1つは、サンクトペテルブルクの大規模な南西部排水処理場です。工場は1.5km + 0.5kmの面積に及び、1億7500万ユーロが投資され、プロセス設計、配管、機械、HVAC設計を含む設計作業は、合計44,000時間に達しました。この工場では、サンクトペテルブルクの75万人の住民の老廃物を処理し、バルト海の汚染度を大幅に削減しています。

FCG

サンクトペテルブルクの南西部排水処理場は、世界最大の処理場の1つで、75万人都市の人々の老廃物を処理しています。

www.fcg.fi/eng/

Scroll to Top