Anglo Americanプロジェクト

Anglo Americanプロジェクト

CADMATICはブラジルで重要なクライアント、意欲的なMinas Rioの鉄鉱石プロジェクトの世界的な鉱業大手Anglo AmericanとLLX、を得ました。このプロジェクトは、Minas Gerais 州にある鉱山やプラントだけでなく、リオ・デ・ジャネイロ州北東海岸のAçu港まで32都市を突っ切って鉄鉱石のペレット(粒)を運ぶ525kmのスラリーパイプラインを含んでいます。大規模なベンチャーは2012年完成予定です。

Anglo Americanは、世界経済が現在の不況後、拡張の段階に入る時の、海上鉄鉱石需要増加の予想に対応するために、その鉄鉱石生産を強化するためのプロジェクトに着手しました。製品に対する強い需要は特に、既に世界の海上鉄鋼需要の半分以上を占める中国で期待されています。

高品質の鉄鉱石

Minas Gerais州で採掘された鉄鉱石は、非常に低いアルミナ、シリカ及びリン汚染物質と68%以上のFegradeで非常に高品質であることが期待されています。これは特に重要で、工業界は鉱石等級の低下を経験し続けると予想され、これによりMinas Rio iron鉄鉱石ペレットは最高品質となり、製品は非常に珍重されます。

鉱山、プラント、ACU港の3Dモデル

エンジニアリング会社のVITは、鉱山とプラントとACU港の3Dモデルを開発するようにAnglo-American/ LLXから委託されました。このモデルは、地形をインポートし、単一モデルですべての建造過程を一緒に結合し、おそらく世界最長のCADMATICモデルとして作成するための統合ツールとして使用されました。Anglo Americanと港湾オペレーターLLXの両方がCADMATIC Plant ModellerとeBrowserのライセンスを取得しています。

eBrowserは、コミュニケーションの効率を増します

Anglo-American のJoão Brandão氏によると、彼らは干渉検出のためのCADMATIC3Dモデルを広範囲に使用し、プロジェクトのパートナー間のコミュニケーションを容易にします。Mr Brandão氏はAnglo-AmericanでCADMATIC Plant Modellerの改訂作業を担当していて、とりわけ、プロジェクト開発のフォローアップと検証のためのeBrowser機能に特に感銘を受けています。

ブラジル最大の港湾ターミナルへの投資は、プロジェクトの一部です

LLXは港湾の建造フェーズ中に使用することを計画して、eBrowserライセンスを取得しています。これは、ブラジルの港湾ターミナルで最大の民間投資の1つであり、国の南東部と中西部地域の物流センターとして機能します。完成すると、それはバルクキャリアのための6つのバース、一般貨物船や、一般貨物船とオフショア支援船のための4つのバースを誇ることになるでしょう。

Anglo Americanプロジェクト

eBrowser

VITのJoao Camarano氏は、プロジェクトの3Dモデルの開発にCadmaticを使用してきた設計者の一人です。

Scroll to Top