Outfitting Detailed Design

詳細な3Dモデリングのすべての機能– 3Dモデルの作成、機器の配置、パイプ配管、HVACとケーブルトレイ、構造ユニット、区画管理およびモデルテンプレート。 さらに、生産情報を生成するためのモジュールの完全なパッケージが含まれています。

CADMATIC Outfitting Detailed Designは、設計チームが完全で正確な3D艤装モデルを作成するのに役立つ効率的なモジュールで構成されています。 設備設計のコアシステムは、3D設備と配管設計ですが、電気設計、エアダクトスプールとHVAC、配管サポート、鉄艤装、溶接管理も含まれます。 また、応力解析やインポート/エクスポート3Dおよび2Dインターフェースなど、特別なソフトウェアパッケージ用のさまざまなインターフェースもあります。

高度な3D表示技術とモデルデータベース構造により、最大サイズで最も複雑な船舶やオフショアモデルであっても、デザインモデルは非常に軽量で扱い易いです。

CADMATIC HULLとの完全な統合により、船殻設計者と艤装設計者の両方が同じ環境で作業し、貫通部などの互いに関係ある問題を直接解決できます。

パイプとケーブルトレイの仕様書駆動型モデリングにより、モデリング中に正しい材料、サイズ、およびコンポーネントが確実に使用されます。

私たちはグローバルに分散したチームとの作業プロセスをサポートし、IPRの安全性を確保し、eBrowserと、eGo搭載のタブレットで3Dモデルを共有できるようにし、eShare情報管理ポータルの設計フェーズの結果を直接使用します。

ゼロから始めてモデリングするのも、3Dモデルを修正するのも簡単

CADMATICの最も強力な機能の1つは、既存のモデルを簡単に変更できることです。 たとえば、システムは既存のパイプジオメトリがそれに応じて変更されることを保証するため、パイプへの接続を失うことなく、機器を新しい位置に移動できます。 これにより、パイプの再ルーティングが不要になるため、時間と労力を大幅に節約できます。 機器、バルブ、エルボなど、あらゆる種類のコンポーネントを1つずつ、または複数を簡単に一度に変更できます。 つまり、3D設計は、基本コンポーネントを準備する非常に早い段階で開始でき、後で数回のマウスクリックで、適切なコンポーネントに置き換えることができます。

データが豊富な3Dモデルを作成して使用する

設計段階では、ソフトウェアが3Dモデルのすべてのオブジェクトに多くの情報を自動的に割り当て、オブジェクトの所有権を制御してプロジェクトのコンカレントエンジニアリングを処理します。 たとえば、ルーティングされたパイプには、流れの方向や、接続、材料、サイズ、所有権などに関する情報が自動的に含まれます。

すべてのデータが利用可能であり、配管装置図面、アイソメ図面とスプール図面、および生産情報の材料取材表の作成時に利用できます。

設計モジュールとモデルを比較することで設計を大幅にスピードアップできます。 設計モジュール機能で、ユーザーは後で使用するためにオブジェクトのセットをライブラリに保存できます。 デザインを再利用できるため、古いプロジェクトからの時間のかかるコピーの必要がなくなります。 さまざまなプロジェクトで繰り返されるさまざまな構造単位がライブラリに保存され、簡単に再利用および変更できます。