インターフェイスとファイル形式

さまざまなeXchangerを使用すると、メタデータを含めたり、参照モデルのみを保持したりするオプションを使用して、さまざまなソフトウェアプログラムとの間でデータを交換できます。 建造図面は、DWGやPDFなどの最も一般的な形式で出力でき、必要な方法で配信できます。

Software

  • AUTOCAD® (DOWNLOAD EXCHANGER FOR AUTOCAD)

    2D図面は、組み込みのコンバーターを使用して、設計アプリケーションに直接インポート/エクスポートできます。 3Dをインポート/エクスポートするには、CADMATICによるAutoCAD ARXプラグイン(eXchanger for AutoCAD)をインストールする必要があります。 AutoCADをCADMATICと他の3D CADの間のブリッジとして使用して、3Dインポート/エクスポートを行うこともできます。

    注意! CADMATIC eXchanger for AutoCADは、AutoCAD 2007-2017ソフトウェアバージョンと互換性があります。

    Interoperability, eXchangers AutoCAD

    Register and download eXchanger fot AutoCAD

  • Aveva/PDMS®

    相互運用性には3つのレベルがあります。

    • 3Dビューア(eBrowser)のモデルの変換
    • 3DD形式による3D参照モデルのインポート
    • 3Dモデルの属性と構造を含むインテリジェントな変換

    3D RVMモデルを3Dオブジェクトと属性を含むeBrowser形式に変換することが可能です。 3DD参照ファイルは、参照モデルとしてCADMATIC 3D Designアプリケーションにインポートできます。 3DインテリジェントモデルをPDMS / PDSからCADMATICインテリジェントモデルに変換する変換サービスが利用可能で、CADMATIC設計アプリケーション(パラメトリックモデル全体と属性値を含む)でさらに使用できます。 これらのサービスは、外部の下請け業者によって提供されます。

    Interoperability, exchangers PDMS® and PDS®

  • Bentley®/AutoPIPE

    Caesar II形式* .ciiを使用した配管応力解析用の配管データのエクスポート。

    Read more about AUTOPIPE »

  • Caesar II®

    CADMATIC形式のパイプから、応力解析の目的でCaesar IIにインポートするファイルを生成するためのサポート。

    Read more »

  • E3.series®

    E3.series電気回路図とCADMATICケーブルルーターを接続してケーブルの3D配置を行うためのインターフェース。

  • Intergraph/PDS®

    相互運用性には3つのレベルがあります。

    • 3Dビューア(eBrowser)のモデルの変換
    • 3DD形式による3D参照モデルのインポート
    • 3Dモデルの属性と構造を含むインテリジェントな変換

    3Dモデルを3Dオブジェクトと属性を含むeBrowser形式に変換することが可能で、3DD参照ファイルを参照モデルとしてCADMATIC 3D Designアプリケーションにインポートできます。 3DインテリジェントモデルをPDMS / PDSからCADMATICインテリジェントモデルに変換して、CADMATIC設計アプリケーション(パラメトリックモデル全体と属性値を含む)でさらに作業するための変換サービスが可能です。 これらのサービスは、外部の下請け業者によって提供されます。

    Interoperability, exchangers PDMS® and PDS®

  • Microstation/DGN®

    相互運用性には4つのレベルがあります。

    • CADMATICからの2D図面のDGN形式でのエクスポート
    • 3Dビューア用モデルの変換(eBrowser)
    • 3DD形式による3D参照モデルのインポート
    • 3Dモデルの属性と構造を含むインテリジェントな変換

    3Dモデルを3Dオブジェクトと属性を含むeBrowser形式に変換することが可能で、3DD参照ファイルを参照モデルとしてCADMATIC 3D Designアプリケーションにインポートできます。 3DインテリジェントモデルをDGNからCADMATICインテリジェントモデルに変換するための変換サービスが可能で、CADMATIC設計アプリケーション(パラメトリックモデル全体と属性値を含む)でさらに作業できます。 これらのサービスは、外部の下請け業者によって提供されます。

    Interoperability, exchangers PDMS® and PDS®

  • Okino PolyTrans®

    CADMATIC eXchanger for PolyTrans®は、メカニカルCADソフトウェアとの互換性を高めます。 これは、機器とモジュールの機械CADモデルを利用する必要性に対処します。 インポートされたモデルを簡略化し、オブジェクトサイズを縮小できます。

    Interoperability, exchangers for polytrans®

    Read more »

  • PIPEFAB®

    PIPEFABインターフェースは、CADMATIC Outfitting、パイプ製造システム、Tracto-Technik社のPipeFAB間のインターフェースであり、CNCパイプ曲げ機の制御に使用されます。 自動生成されたアイソメトリックごとに、インターフェースは、曲げ座標、パイプ仕様、材料情報、およびその他のさまざまな関連属性など、パイプを生成するために必要なすべての情報を含むXML形式のデータファイルを作成します。 インターフェイスはクライアントのニーズに合わせてカスタマイズできます。

    Read more »

  • PipeStress®

    CADMATICから* .pst形式でファイルを生成し、応力解析のためにPipeStressにインポートします。

  • Siemens/NX®

    JT標準を介してSiemens / NXからのデータを統合した後、組み合わされたインテリジェント3Dモデルには、それぞれのネイティブソフトウェアアプリケーションからのすべての情報が含まれます。 JTは、製品の視覚化、コラボレーション、CADデータ交換、および一部では長期的なデータ保持のために業界で使用されているISO標準の3Dデータ形式です。 近似(ファセット)データ、境界表現サーフェス、製品および製造情報、メタデータ(テキスト属性)の任意の組み合わせを含めることができます

    Read more »

  • Smart3D®

    相互運用性には3つのレベルがあります。

    • 3Dビューア(eBrowser)のモデルの変換
    • 3DD形式による3D参照モデルのインポート
    • 3Dモデルの属性と構造を含むインテリジェントな変換

    3Dモデルを、3Dオブジェクトと属性を含むeBrowser形式に変換することができます。 3DD参照ファイルは、参照モデルとしてCADMATIC 3D Designアプリケーションにインポートできます。 3DインテリジェントモデルをSmart3DからCADMATICインテリジェントモデルに変換するための変換サービスが利用可能で、CADMATIC設計アプリケーション(パラメトリックモデル全体と属性値を含む)でさらに使用できます。 これらのサービスは、外部の下請け業者によって提供されます。

    Interoperability, eXchangers smart 3D

  • Solidworks®

    SolidWorks 3Dモデル(属性有りまたは無し)は、eXchanger for PolyTransを介してCADMATICとの間でインポートまたはエクスポートできます。インポートされたモデルの軽量化が含まれます。 または、3D参照モデルを2つのソフトウェアパッケージ間で転送し、eXchanger for AutoCADを使用して、ソリッドオブジェクトとサーフェスオブジェクトを維持することもできます。

    Interoperability, eXchangers AutoCAD

    Interoperability, exchangers for polytrans®

    Read more about POLYTRANS »

  • TransFluid®

    パイプ製造で3DモデルからCNCマシンに直接リンクするためのファイルを生成します

    Read more »

  • Trimble/Tekla Structures®

    CADMATICとTekla Structures間のネイティブ双方向インターフェースで、構造用鋼モデルとプロジェクト設計モデルを組み合わせることで、よどみのない情報共有が可能になります。 設計者は両方のプログラムで同時に作業でき、他の分野のモデルをネイティブオブジェクトとしてロードすることでメリットを得られます。 インポートされた材料は、すべての関連情報をそのままにして、再利用のために変更およびエクスポートできます。 そのため、1つのソフトウェアプラットフォームで初期モデルを使用して作業を開始した後、別のソフトウェアプラットフォームでより詳細な設計を行って作業を強化できます。

    Read more about TEKLA »

  • Various BIM

    IFC標準を介して異なるソフトウェアプラットフォームからのデータを統合した後、組み合わされたインテリジェント3Dモデルには、それぞれのネイティブソフトウェアアプリケーションからのすべての情報が含まれます。 インポートされた材料は、従来の場所取り用の3D形状としてではなく、実際の材料や規格、質量密度属性などのすべての関連情報を持つ実際のオブジェクトとして認識されます。インポートされた材料は、すべての 関連情報はそのままです。 そのため、1つのソフトウェアプラットフォームで初期モデルを使用して作業を開始した後、別のソフトウェアプラットフォームでより詳細な設計を行って作業を強化できます。 現在サポートされている形式:IFC2x3

  • Various Mechanical CAD

    CADMATIC PolyTrans eXchangerを使用すると、100を超えるMCADフォーマットをCADMATICにインポートまたはエクスポートできます。

    Interoperability, exchangers for polytrans®

    Read more »

File formats

  • .3dd, *.3dc, *.3dp

    3D参照データのCADMATIC形式。これらはeXchangerの中間形式であり、オブジェクト属性を含めることができます

  • *.asc, *.pts,*. xyz Point Clouds

    点群は、いくつかの異なるファイル形式からCADMATICにインポートできます。 ユーザーは、インポートするファイルを1つまたは複数選択できます。 ASCIIテキストファイルは、さまざまな点群データソースからインポートできます。 インポーターは、データ形式とスケールを自動的に検出しようとします。 インポートを開始する前に、サンプル入力ラインからのスケールとデータが表示されます。 ユーザーは、スケールを変更したり、ファイルに表示されるように座標やカラーデータの位置を再配置したりできます。 インポートには、少なくともX、Y、Zの値を定義する必要があります。

    ScanPositions.txtという名前の個別のテキストファイルが必要です。各行にはスキャナーファイルの名前があり、その後にスキャナーの位置がx y zと続きます。 そのようなファイルがない場合、特定のスキャナーの設置点からポイントを示すバブルビューを作成することはできませんが、他のタイプのシェーディングビューは使用できます。

  • *.cii

    Caesar II形式* .ciiを使用した配管応力解析用の配管データのエクスポート。

  • *.dgn

    2D図面は、DGN形式に直接エクスポートできます。 3Dモデルは、PDMS / PDS用CADMATIC eXchangerを使用して変換できます。

  • *.dwg/*.dxf

    2D図面のエクスポート - スケッチ、アイソメ図、その他の建造用ドキュメント。 eXchanger for AutoCADを使用したモデルの3Dエクスポート。

    eXchangerは、ダウンロードページから無料でダウンロードできます。 ダウンロードページに移る前に、まず登録する必要があります。

    注意! CADMATIC eXchanger for AutoCADは、AutoCAD 2007-2017ソフトウェアバージョンと互換性があります。

    Interoperability, eXchangers AutoCAD

    Register and download eXchanger fot AutoCAD

  • *.ebm

    CADMATIC eBrowser、eGo、eShareモデルファイル

  • *.ifc

    IFC標準を介してさまざまなソフトウェアプラットフォームからのデータを統合した後、組み合わされたインテリジェント3Dモデルには、それぞれのネイティブソフトウェアアプリケーションからのすべての公開情報が含まれます。 インポートされた材料は、参照オブジェクトを持つ従来の場所取り用の3D形状としてではなく、実際の材料や規格、質量密度属性など、関連するすべての情報を持つ実際のオブジェクトとして認識されます。インポートされた材料は、再利用のために変更およびエクスポートできます。 すべての関連情報はそのままです。 そのため、1つのソフトウェアプラットフォームで初期モデルを使用して作業を開始した後、別のソフトウェアプラットフォームでより詳細な設計を行って作業を強化できます。 現在サポートされている形式:IFC2x3

  • *.jt

    JTは、製品の視覚化、コラボレーション、CADデータ交換、および一部では長期的なデータ保持のために業界で使用されているISO標準の3Dデータ形式です。 近似(ファセット)データ、境界表現サーフェス、製品および製造情報、メタデータ(テキスト属性)の任意の組み合わせを含めることができます

    Read more »

  • *.mdl

    CADMATIC Plantネイティブ3Dモデル形式。 MDLファイルには、CADMATICライブラリデータベースへの参照が含まれています。 完全にインテリジェントな3Dモデルの転送に使用できます。 サードパーティ製のソフトウェアから生成された場合、APIとともに使用できるため、インポート時にライブラリパーツへの参照をマッピングできます。

  • *.pcf

    * .pcf形式の部分的なサポート。 パイプストレス計算またはパイプ加工を使用するためのアイソメ図用のPCFファイルのエクスポート。

  • *.pdf

    構造図や製造図は、直接PDF形式にエクスポートできます。

  • *.pst

    CADMATICから* .pst形式でファイルをエクスポートして、応力解析のためにPipeStressにインポートします。

  • *.rvm

    相互運用性には2つのレベルがあります。

    • 3Dビューア(eBrowser)のモデルの変換/
    • 3DD形式による3D参照モデルのインポート

    3D RVMモデルを3Dオブジェクトや属性を含むeBrowser形式に変換することが可能です。 3DD参照ファイルは、参照モデルとしてCADMATIC 3D Designアプリケーションにインポートできます。

    Interoperability, exchangers PDMS® and PDS®

  • *.txt

    さまざまなレポートを生成できます:MTO、BOM、材料要約リスト、データテーブルの編集が可能

  • *.xls(x)

    さまざまなレポートのエクスポート:MTO、BOM、材料要約リスト、データのカスタマイズと編集が可能。 場合によっては、.xls(x)ファイルをインポートしたり、テーブルを.xlsで開いて編集したりできます。これには、コンポーネントの寸法テーブル、電気ケーブル接続リスト、系統図-3Dオブジェクトデータのマッピングが含まれます。

  • *.xml

    多くのインポート/エクスポートまたは中間形式は、XML構造に基づいています。 CADMATICスクリプトAPIには、有効なXMLファイルを解析し、XMLエンティティを抽出してさらに処理するために必要なツールがあります。 CADMATICはxmlを使用します。例えば、 ダイアグラム統合の機器/バルブリストやケーブルリストのエクスポート/インポート用XML。

  • Various MCAD formats

    CADMATIC PolyTrans eXchangerを使用すると、100を超えるMCAD形式をCADMATICにインポートまたはエクスポートできます。

    Read more »