Hull Viewer

フライスルー、軌道、回転の視覚化による高速3D船体モデル検査のためのユニークなツール。 作業パッケージを定義し、作業分解構造を整理するのに役立ちます。

ユーザーは、材料、板厚、重量、サイズ、ロジスティクスなどの構造の詳細について3Dモデルを参照およびクエリできます。ワンクリックの「フィルター」ボタンを使用して、船体の構造の板厚、材料、板逃げ方向の異常を検出します。 高度な色と照明機能を使用して、船の写実的なイメージを作成できます。これは、公開目的でPostscript、BMPまたはPDF形式で保存できます。

Hull Viewerのライセンス版には、Work Preparation Managerが含まれています。 これにより、作業準備のプロセスが大幅にスピードアップし、いくつかの船の組み立て段階のスループットが短縮されます。

ライセンス版のHull Viewerを使用すると、ユーザーは船殻ブロックの完全な作業分解構造を簡単かつ迅速に制御し、生産用のアニメーション化された作業構築シーケンスを生成できます。

Hull Work Breakdown Managerを使用する実際的な例は、作業準備部門が3D船殻モデルに基づいて実際のワークブレークダウン構造を決定する場合です。 3Dモデルの変更されたロジスティック情報はエンジニアリングオフィスに返され、ハルデータベースとマージされます。その後、エンジニアリングオフィスは、造船所の生産部門に目的の形式で生産情報を配信します。

船体ブロックの完全な作業分解構造は、ソフトウェアによって自動的に決定できます。 Work Breakdown Managerは、アセンブリ、サブアセンブリ、パネル、およびパーツに自動的に番号を検出して割り当てるための一連の独自のツールを提供します。 プロファイル、ブラケット、カラープレートなどのパーツは、正しいパネルグループに割り当てられます。

ソフトウェアによってWBSが生成されると、ユーザーは、コンピュータ画面上でアイテムをドラッグアンドドロップして構造を簡単に変更したり、アセンブリ、パネル、パーツの名前を変更したり、新しいものを作成したりできます。