Hull Structure Detailed Design

CADMATIC Hull Applicationのコアモジュールは、基本的な設計から、船体ブロック、アセンブリ、パネル、部品の詳細設計および生産エンジニアリングまで、船体構造の3Dモデリングに使用されます。

Hull Structure Detailed Designモジュールは、非常に高速な3Dモデリングと使いやすさで、他のCAD / CAE / CAMシステムとは違います。 直感的なユーザーインターフェイスは、甲板、隔壁、補強材、シェルフレーム、ガーダー、フランジ、ブラケット、その他の建造部材などの構造要素を作成する際に、船体設計者を最大限に支援します。

船体構造はトポロジ情報と共に保存されます。つまり、構造要素間の関係と船体形状との関係により、すばやく簡単に変更できます。 トポロジ構造への変更の影響は、関連する構造要素に自動的に伝達され、手直しを行わなくても情報をすばやく簡単に再利用できます。

ルールベースのエンジニアリングは、たとえば、それぞれの船級ルールに従って正しいアイテムとサイズを自動的に選択するなど、エンジニアを支援するもう1つの強力な機能です。

使いやすく、迅速な変更に最適化

船体構造3D設計は、船体ライブラリメカニズムをサポートし、トポロジプロパティを含むあらゆる種類の構造を保存します。 船体構造の3Dモデリング中に、配管および設備部品を表示できます。

分類図、建設計画、断面図からワークショップ図面に至るまで、幅広い構造図を作成できます。

シェルプレート開発モジュールは、シェルプレートの正確な3Dモデリングと製造データのためのツールを提供します。

船体構造の効率的な3D設計

船体構造モジュールには、強力なコピー機能、ヤード標準のパラメトリック定義、部品番号とパネル番号、マーキングライン、標準ブラケットの選択、部品のコーディングなどの多くの自動メカニズムが含まれています。 これにより、設計者の日々の懸念と、実行する必要がある日常的なタスクの数が劇的に減少します。

船体構造モジュールで使用されるプロジェクトライブラリは、カットアウト、プロファイルの端部形状、補強材タイプ、ブラケット、穴、およびその他の構造要素に必要なすべてのヤード標準のコレクションで構成されています。 ヤード関連の標準に加えて、ソフトウェア設定とプロジェクト固有のパラメータもプロジェクトライブラリに保存および維持されます。