HB Hunteエンジニアリング

CADMATICによる完全なガスタンカーの設計

HB Hunteエンジニアリングは、最初からのプロセスを説明します。

HB Hunteの専務取締役、Frerk Brand氏は「船の所有者は、特殊な種類のガスを大容量に運ぶことを望み、この特別な商談のために最適化された船舶を必要としています」と言います。

与えられた制約の範囲内で、HB Hunteは船舶設計を行って船の所有者に提案しました。

「我々はプロジェクトが実現可能であることを確実にするために、設計・施工だけでなく、船体ラインと安定性の計算を行って主な計算を開始しました」。最終的にHB Hunteは船体ラインの設計と最適化、舵の設計や配置などの推進最適化だけでなく、付属のモデルテストを含め船舶のための基本設計を行いました。ガスプラントの設計もまた、船の所有者と協力してHB Hunteによって行われました。「CADMATICは、詳細な基本設計のための有用なツールです。我々はCADMATICによる完全なガスタンカーを設計した唯一のデザイン会社で、これには完全な船体構造、機械装置、ガス装置やガスタンクを含むことを意味します。CADMATICは、インターフェイスを最小限に抑え、問題の調整やミスを減少させます」とCADMATICの使用について述べています。

独特なSvelte-bowデザイ

HB Hunteによる基本設計は他に類を見ないもので、その上部構造が船首に位置しているため、他のすべてのエタンキャリアとは異なります。この配置の結果、重量分布が最適化され、そのためバラスト水の必要性が減りました。この新しい言わゆる「Svelte」-bowデザインは、より速い航行速度での耐航性能を改善すると同時に、燃料消費量と排出ガス量を削減します。

CADMATICで完全に造られた貨物艙

基本設計フェーズが終了した後、プロジェクトは分割され、HB Hunteは中国のパートナーと協業し、HB Hunteは貨物倉エリア全体を担当しました。Brand氏は「我々は、サドルベアリング、浮揚防止構造、ガスプラント台座を含む完全な3D構造設計をCADMATIC Hullでしました」と述べ、「貨物倉エリアの中と上で、船体とガスプラントシステムの配置調整作業と3Dルーティングを含む完全なガスプラント設計とエンジニアリングを、CADMATIC Outfittingを用いて行いました」。85K HBのために、Hunte はCADMATICを使用する中国の会社と連携する予定です。

CADMATICは協業をとてもに容易にします。「我々の所掌範囲が完了した後に、我々の中国のパートナーは完全な船体モデルを引き継ぎます」。

ECOSTAR 36K and 85K

ECOSTAR 36Kシリーズの最初の3隻は、中国の造船所Sinopacific(太平洋造船集団有限公司)での建造が発注されています。またECOSTAR 85K の5隻は、シンガポールに拠点を置くUnited Ethane Carriers (UEC)によって発注されています。

エコスター36Kエタンキャリアは最大貨物容量36.000立方メートルで、85Kは最大容量85.000立方メートルです。世界最大のエタンキャリアとなります。

36Kの設計はすでに終了し、それが現在建造されています。この原稿を書いている時点で、85Kの設計は約70〜80%は完成しました。設計が完了すると、これらもまた中国の造船所で建造されます。

Brand ファミリーとHB Hunte エンジニアリング

HB Hunte エンジニアリングはドイツのオルデンブルクにあり、1990年代にBrandファミリーによって設立され、HartwigとFrerk Brandによって運営されています。彼らは、造船やオフショア産業のための海上サービスを提供し、ガスキャリアやプラントの設計と建造に特化しています。.

HB Hunteエンジニアリング

CADMATIC eBrowserのECOSTAR 85K 

ECOSTAR 36K

Scroll to Top