Groot Ship Design

Groot Ship Design との共創

Groot Ship Design が 2005 年に設立 されたとき、3D船殻ソフトウェアの候 補が評価された後、CADMATIC がモ デリングとエンジニアリングに選ばれ ました。 最初の CADMATIC プロジェクトは 2007 年に実行されました。 Groot Ship Design のマネージ ング ディレクターである Jan Willem Cuperus 氏によると、CADMATIC を 選択したのは、その使いやすさ、ソフトウェアに精通したエンジニアの可用性、および顧客や潜在的な顧客がすでに CADMATIC を使用しているという事実によるものです。 CADMATIC の使用は、2010/2011 年に船殻エンジニアリングから、パイピング&艤装へと拡張されました。 

グルートシップデザインは、顧客との共創と成功の達成を信じています。オランダの Leek の設計およびエンジニアリング会社は、Groot Cross-Bow® の設計と、造船技術およびエンジニアリングソリューションへの実践的なアプローチで有名です。Groot Ship Design は 2005 年に CADMATIC を採用し、このソフトウェアを船殻、配管および艤装エンジニアリングに使用しています 。

私たちの地域のお客様のために、私たちは船体構造エンジニアリン グから詳細エンジニアリングおよび PIの供給まで行います。極東のお客様には、CADMATIC 3D モデルとしての建造計画を含む基本エンジニアリングパッケージを提供しています。このパッケージから、計画書とデータを 生成できます」と Jan Willem 氏は言 います。

柔軟性と変更の容易さ

建造の専門家であり、GSD ポーランド オフィスのマネージャーである Huib van der Pas 氏は、CADMATICの柔軟性と変更の容易さを高く評価していると述べています。 「 彼はさらに「スティフナー端が外板 やタンクトップを参照するフロアース ティフナーにも同じことが当てはまります。フォロアーをモデリングして、船の他の領域にコピーし、それを調整することができます。」と述べています。 Huib は、船体中央部の建造計画 とすべての図面が完成しクラスの承 認に向けて送信する準備ができたと き、タンクトップの高さを高くするリク エストを受け取ったことを思い出し ます。

これは、たとえば、ミッドシップ のダブルボトムのすべてのフロアが 11 mm の厚さで計画され、その後 12 mm に変更された基本エンジニアリ ングプロジェクトで確認することがで きます。この場合、フロアごとにビュー を開く必要はなく、セクション内のす べてのフロアが見えるビューを一つ 作成し、それらをまとめて選択し、すべ てのフロアの厚みを同時に変更する だけです」と Huibは説明します。
「CADMATICでは、外板のプロフ ァイルの変更や図面など、モデル全 体を1日で変更して修正することがで きました。」彼は「手作業や特定のビ ューで行う必要があることも当然あ りましたが、仕事の主要部分は比較 的短時間で完了しました」と付け加え ました。

Hanse ECO の CADMATIC 3D モデル画像。 この船は、ヨーロッパの短期貨物の輸送に特化した設計

エンジニアリングの範囲に応じて異な る設計アプローチ

Groot Ship Design は、基本エンジニアリングのみを必要とするプロジェクトには、基本エンジニアリングと詳細 エンジニアリングの両方を必要とす るプロジェクトとは少し異なる方法で アプローチします。 基本エンジニアリングのみを必要 とするプロジェクトでは、通常、船を 6 つの部分に分割します;船首部、船尾 部、上部構造に加え、中央部の、二重 底部と 2 つの船側部。 Huib 氏によると、船体中央部から始める場合、このアプローチの利点は、1 人のエンジニアが二重底を、もう1 人が船側部を実行できることです。その後、船側部をミラーリングして 完全なミッドシップ モデルにすることができます。その後、別のセクションが作成され、図面が作成されます。これにより、何らかの理由で最終的に詳細なエンジニアリングが必要になっ た場合でも、後で図面断面で表示断面を変更して、建造完成図書を作成することができます。

「船首部、船尾部、上部構造は頻繁に非常に異なるため、それぞれの部分に 1 人のエンジニアを配置しま す。これにより、エンジニアはセクションを頻繁に切り替える必要がなくな り、小さなモデルをすばやくロードで きます。ロード時間は妥当ですが、作業は同じモデルで行われるため、頻繁にロードする必要はありません」と Huib 氏は言います。

詳細なエンジニアリングも必 要であることがわかっている場合 は、Groot Ship Designがセクションに基づいた設計作業を開始します。 1 つのセクションが詳細にモデル化 され、船尾から前方にコピーされて、 船体中央部全体が作成されます。これは、後になっても詳細を忘れないことを意味します。 離れたセクションの 図面も同様の考え方で、クラス承認のための工事計画書を作成することができます。 CADMATICの柔軟性は、これらのさまざまなアプローチを促進する上でのキーファクターです。

CADMATIC ソフトウェアの利点 は、思い通りに作業できることです。 最適に機能するための厳密な作業順 序はありません。


下請け業者への設計作業の分配

Groot Ship Design は、CADMATIC 分散設計システムを使用して、エンジニ アリングを下請け業者に配布してい ます。オランダ北部では、システムやエンジンルームの下請け業者がエンジニアリングも行うのが一般的です。  

「すべての関係者が単一のエン ジニアリング モデルで協力し、コミュ ニケーションするのは簡単です。造船 所は状況を確認でき、システムや配 管を担当する下請け業者は配管の施 工状況を確認して配管貫通部を要求 することができ、船体構造を担当する 会社も機器との干渉をチェックし予 測することができます。さまざまな場 所、さらにはさまざまな国からの協 業でも、問題なく調整できます」とJan Willemは言います。

一例として、ヤン・ウィレムは、ヨー ロッパで短期貨物を運ぶために特別に設計された多目的船であるRHAS の進行中のHanse ECOプロジェクトを指摘しています。特に船体形状と船首部分が目を引きます。 船舶のハイ ブリッド推進システムは、可能な限り低いCO2排出量で航行することを可 能にします。 

「すべての新しい技術を統合し、 同時に実際の建造船の断面図を準備 するには、熟練したエンジニアまたは造船技師と、彼らが使用するソフトウ ェアの、両方からの柔軟性が必要です。私たちは CADMATIC のこれらの 機能に非常に感謝しています。主要機器と主要ルーティングを含む構造 モデルは、当社のエンジニアによって 完成されました。これにより、船舶内のすべての (狭い) スペースを最適に配置できます。これらすべての部品の 統合はうまく機能し、建造スケジュー ルは、よく維持されています。 5隻のシリーズの最初の船は 2021 年 5 月 15 日に進水しました。」