Damen Shipyards Mangaliaでは、3Dモデリングの使いやすさが効率化のポイント

Damen Shipyards Mangaliaでは、3Dモデリングの使いやすさが効率化のポイント

Damen Groupのルーマニアの造船所は、生産情報を抽出する前に詳細設計モデルを充実させるために、ユーザーフレンドリーな3Dモデリングのメリットを享受しています。 CADMATIC eBrowserは、造船所のスタッフによるレビュー/調整ツールとして使用されています。

お客様の課題

  • 船舶モデルを効率的かつ効果的に情報強化する必要があります

Cadmaticソリューション

  • ハイレベルトポロジーは、3Dモデルに変更があった場合、関連する情報を自動的に更新することで、時間の節約とミスの低減を実現します。

簡単です。モデル内の何かを変更すると、他の関連するパーツもすべて変更されるのです"– Alina Conda, 船体製造サポート室長

Learn how your shipyard can also gain efficiencies with Cadmatic – Contact us.

Damen Shipyards Mangaliaは、Damen Shipbuilding Machineryの重要な歯車であり、Damenポートフォリオの中で約100万平方メートルの広さを持つ最大の造船所です。Damenのネットワークで作成された詳細設計モデルを受け取った後、詳細3Dモデルに情報を補強し、必要な生産情報をCadmaticで抽出します。また、一部の詳細なエンジニアリング業務は、造船所の65名からなるエンジニアリングチームに移管されています。造船所の職長や生産技術者は、生産現場で毎日、設計レビューツール「CADMATIC eBrowser」を使用しています。

Damenは、2018年にマンガリア造船所を買収しました。それ以前は、韓国資本の造船所であり、20年以上も別の設計ソフトを使用していましたが、Damenの買収後、Cadmaticに切り替わりました。

Damen Shipyards Mangaliaのエンジニアリング部門責任者であるGeorge Arnautu氏は、変化は常に難しいものですが、Cadmaticへの移行は比較的容易であったと述べています。

「他の船舶設計ソフトウェアでモデリングした経験があったため、全く新しいスキルを習得するような必要はありませんでした。Cadmaticが広く使われているDamenグループ内からも多くのサポートがありました」とGeorgeは言います。

ユーザーフレンドリーで高速なモデリング

Georgeの同僚であるAlina Condaは、造船所の船体生産サポート室長です。彼女は、Cadmaticへの移行の際、Cadmaticの使いやすさに非常に感銘を受けたと記憶しています。

「以前のソフトウェアに比べ、Cadmatic3Dモデリングを行うのは非常に簡単です。 モデル内の何かを変更すると、関連する他のパーツもすべて変更されます。これは時間の節約になり、モデリングのミスも少なくなります」とAlinaは言います。

また、Cadmaticがどのように部品のモデリングを容易にしたかについて、いくつかの例を挙げて説明しています。

「以前は、プレートを作成する前に多くの情報を入力する必要があり、何段階もの手順を踏んでいました。 Cadmaticでは、ボタンをクリックするだけで、プレートを作成することができます。ブラケットも同じです。ブラケットを作成する際、各ブラケットの寸法やフランジが必要かどうかを考える必要はありません。ソフトウェアーがあなたの代わりにやってくれるからです。」とAlinaは説明します。

tfeorge Arnautu氏とAlina Conda氏は、Cadmaticのモデリングがいかにユーザーフレンドリーであるかに感銘を受けています。

毎日使用するeBrowser

CADMATIC eBrowserは、Cadmaticソフトウェアが使用されている造船所でよく使用されているツールです。 Damen Shipyards Mangaliaも例外ではなく、George氏によると、同社の現場職長や生産技術者が毎日使用しているとのことです。

"艤装 "でよく使います。2Dの図面だけを使うよりも、3Dモデルを見ながら施工する方が全体像が掴みやすいですね。また、eBrowserのモデルで機器やオブジェクトの詳細を見ることもできます。」とGeorgeは言います。

eBrowserは、艤装品のジョブカードを作成するときに便利です。造船所のスタッフは、eBrowserを使って、ジョブカードに関連するモデルオブジェクトを検索し素早く見つけることができます。

Cadmaticサポートとのダイレクトリンク

eorgeとAlinaは、Cadmaticのサポートチームと直接つながることができることを高く評価しています。サポートチームとの連携はうまくいっており、サポートチームに預けたチケットは効率的に処理されているとのことです。

「以前は、ソフトウェア開発会社と直接のつながりはなく、すべてのコミュニケーションはその時の造船所オーナーを経由していました。Cadmaticでは、ソフトウェア開発者と直接問題を議論することができ、リクエストを送るたびにサポートを受けることができます」とGeorgeは言います。

Read more about Cadmatic solutions

Read more about Cadmatic ship design solutions.