eShare for HoloLens – 海洋

eShare for HoloLensは、Microsoft HoloLens*とCADMATIC eShareのインターフェースを実現するためのアプリです。デジタル3Dモデルが実世界の3次元環境に存在する拡張現実の全く新しいインタラクティブな設計・エンジニアリング体験を提供します。

主な特徴

  • eShareサーバーからモデルをロードし、オフラインで使用
  • 3Dモデルと既存環境との整列
  • eShareや接続されたシステムからオブジェクトデータをロードして視覚化
  • デジタルアイテム間、デジタルアイテムとリアルアイテム間、またはリアルアイテム間の、距離測定
  • マルチユーザー環境でのコラボレーションを実現する共有体験
  • CADMATIC eShare バージョン2018T3以降をご利用の方は、本アプリを無償でご利用いただけます

eShare for HoloLensは、eShareデータを利用する新しい方法を提供します。 これには、サーバーから3Dモデルをロードしてオフラインで使用し、スケーリング、モデルの移動、現実のオブジェクトとの位置合わせ、属性データの表示、測定を行うためのツールが含まれています。

eShare for HoloLensは、プロジェクトと設計のレビューを容易にし、建造ステータスの監視と設計プロジェクトとの比較を支援することを目的としています。 また、ユーザーがオーナーやオペレーターとの話し合いでプロジェクト設計を確認するのに役立ち、設計プロジェクト中に人間工学や保守のい観点から運用スタッフのトレーニングを確実にすることができます。

拡張現実とeShare for HoloLens開発に関する記事を読む。


プロジェクトのレビューと現場での利用は、HoloLensのeSHareの2つの主な使用例です。

プロジェクトのレビューでは、設計者と利害関係者はHoloLensを使用して3Dモデルとその関連データをレビューできます。 ユーザーはモデルのサイズを調整できます。 ミニチュアモデルは会議室のテーブルで見ることができます。または、ユーザーはオフィスやオープンスペースで実寸モデルをウォークスルーできます。

現場での利用の場合、ユーザーはモデルをオフラインで使用するためにダウンロードし、それを建造現場に持ち込むことができます。 ユーザーは、モデルを実際の設置状況に合わせて実際の空間に加えることで、提案された変更や将来の設計を確認できます。 2人以上のユーザーが同じモデルと同じ場所で同時にセッションを作成して、体験とコラボレーションを共有できます。

その他の関連ソフトウェアソリューション

eBrowser

プロジェクトマネージャー、船主、生産工場や現場の工事担当者が、デジタルツインモデルの全体を3Dで見ることができるという利点があります。各オブジェクトの詳細を取得し、空間や系統の可視性を制御することができます。

続きを読む

eShare

船舶の設計、エンジニアリング、建造計画、生産、検査、運航情報をWebベースのプラットフォームでリンク、可視化、共有することができます。

続きを読む

eGo

eGoは、建造プロセス全体のレビューや議論を促進し、デザインプロジェクトを持ち歩くことで、現場作業をより効果的にします。

続きを読む