基本設計

基本的な設計フェーズでは、船舶構造の全体的な定義により、船舶のシステム、機械および電気システムの必要な構造強度と機能が確実に達成されます。

基本設計には、デッキの配置と主要エリアのレイアウト図も含まれています。

CADMATICは、この段階で作成された3Dモデルが後の詳細設計で扱いやすいことを保証します。

事前に作成された設計と標準は、船体および艤装ライブラリを介して使用することができます。

P&ID図(配管&計装系統図)用に特別に開発されたモジュールを使用することで、船舶のシステムパラメータの定義を簡単に開始できるだけでなく、機械や装備の初期3D配置を簡単に開始できます。

Class承認図および一般配置図

CADMATICは、サードパーティの製図ソフトウェア不要で、Class承認図を簡単に生成します。

モデルと図面のリンクは同期されているため、モデリングと並行して図面が作成されます。

一般的な配置図は3Dモデルからビューを抽出することで簡単に作成できます。

CADMATIC情報管理ソリューションは、3次元一般配置を現実のものにします。

設計事務所、船主および造船所間のコミュニケーションとレビュー作業を簡素化し、ユーザーに設計の包括的な理解を提供します。

初期段階での3Dモデリングの使用

安全関連図、レイアウト図、材料や仕様の初期段階リスト、スペース予約はすべてCADMATICの核となる船の3Dモデルに統合されています。eBrowser、eShare、eGoでこのモデルを簡単に扱うことで、船主、造船所、設計事務所にデザインを提示できます。 さらにCADMATICでは、プロジェクトの非常に早い段階でダイアグラムを開始することができるので、あとで首尾一貫したプロジェクトデータを生成できます。

完全にインタラクティブな使いやすい3D環境を使用することにより、CADMATICは配置計画をスピードアップすることで、より正確で干渉無しの設計を実現します。基本設計モデルは、AutoCAD dwg、dxf、pdfなど、さまざまな2Dおよび3D形式でeXchanger経由で簡単にエクスポートできます。

詳細設計のための基礎

基本設計モデルは、後の詳細設計フェーズで詳細モデルとしても使用され、モデルの再作成を回避します。

CADMATICが異なる設計フェーズで同じ3Dモデリング機能を使用するため、構造トポロジ、パイプ仕様、部品部材と発注・納品データが生産情報としてさらに洗練された状態に保たれます。

基本設計
Scroll to Top